十三参り【じゅうさんまいり】

十三参り【じゅうさんまいり】

十三参り【じゅうさんまいり】

京都では「十三参り」といって陰暦3月13日(現在は4月13日)に、嵯峨法輪寺の虚空蔵(こくうぞう)に参詣します。

虚空菩薩とは、十三番目に誕生した智恵と福徳を司る菩薩と言われています。

別名:知恵詣り・智恵もらいともいい、

13歳になった男女が盛装して虚空蔵菩薩の智慧(ちえ)と福徳を授けてもらうために参詣(さんけい)する。

13歳の祝いの行事の一つです。

13歳というのは少年は昔の元服時期にあたり、少女は個人差はありますが、初潮を迎える時期にあたります。

初めて大人の寸法(本断ち)の晴れ着に肩上げをして着ます。

着物になじませ、自然に立居振舞を身につけるための行事でもあります。

 

京都の嵐山の法輪寺・奈良の弘仁寺,茨城県東海村虚空蔵堂,福島県柳津(やないづ)町円蔵寺や,

東北地方南部の虚空蔵菩薩などでも行われているようです。

 

13日は虚空蔵菩薩の縁日なので、3月13~5月13日頃お参りするといいですね

 

また、京都では法輪寺からの帰路、渡月橋を渡りきるまでに後ろを振り返ると知恵が本堂に帰ると言われていますよ、

参拝する前に参詣する本人に教えておきましょう。(別の橋だという説もあるようですが。)

 

※言い伝えや習わしは地域や個人によっても違いもあるかと思います

 

キモノプロでは十三まいり向けのレンタルのお着物もご用意しております。

以前十三参りのお着物をレンタルしていただいたお客様のお声をご紹介いたします。

★きれいに身揚げしていただき、ありがとうございました。

十三詣りにいらっしゃっている方々の中でも一番良い着物とすぐに分かる程

素敵な着物でした。

娘もとても喜んでおり、感謝致します。

また、4月7,8日の私の着物も楽しみにお待ちしています。

十三参り写真

お客様アンケート

 

 

 

 

 

 

 

 

以下のページで十三詣りに合うお着物をご紹介しています。

https://kimono-pro.com/jyusan.html

ご利用お待ちしております。

和装のあれこれカテゴリの最新記事