Loading

BLOG

きものの文様(もんよう)の話 「扇」の柄

きものの文様(もんよう)の話
「扇」の柄

扇面文【せんめんもん】
扇の形は末広がりで、その形から吉祥文様とされています。
扇文、末広文【すえひろもん】とも呼ばれます。
扇の面に草花やさまざまな文様を描くことにより、よりいっそう
優雅な文様と変化します。
http://kimono-pro.com/furisode/k-19.html
http://kimono-pro.com/furisode/k-1.html

檜扇文【ひおうぎもん】
檜扇はひのきの薄い板の上部を絹糸で綴って,
左右に長い飾り紐をつけた扇で
平安時代の貴族の装身具でした。
それを染織品に文様として表したものです。
http://kimono-pro.com/furisode/k-29.html

地紙文【じがみもん】
地紙は扇に張る紙の部分のことです。
骨のない紙の形の美しさを文様として表したものです。
地紙の中にまた文様を配して、めでたい文様として使います。

http://kimono-pro.com/tomesode/list/t-27-632.html
http://kimono-pro.com/tomesode/list/t-23-314.html
http://kimono-pro.com/tomesode/list/rt-11.html
http://kimono-pro.com/tomesode/list/rt-8.html

扇は女性的な優雅な美しさをあらわしています。

留袖や振袖ではハット目をひく豪華さもありますね。

 

お客様レビュー      訪問着

お客様レビュー 黒留袖

関連記事

  1. きものの文様(もんよう)の話 霞文

    2017.10.23
  2. きものの文様(もんよう)の話 「鶴」の柄について

    2017.10.02
  3. きものの文様(もんよう)の話 「唐草」の柄

    2017.11.05
  4. きものの文様(もんよう)の話 「水」の柄

    2017.11.04
  5. きものの文様(もんよう)の話 「七宝」の柄について

    2017.10.19
  6. きものの文様(もんよう)の話 「宝尽くし」の柄について

    2017.10.29
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。