Loading

BLOG

きものの文様(もんよう)の話 「波」の柄

きものの文様(もんよう)の話

「波」の柄

 

一瞬にしてさまざまな形に変化する波を表現したものを

総称して波文(なみもん)とよびます。

波はその表情に合わせてさまざまな呼び名があります。

大きくあれた様子の立浪文、波涛(はとう)文や荒波文

他にも波頭、大波、小波、方男波(かたおなみ)など。

 

表現方法によって重厚にも繊細な感じにも扱えるので

留め袖から浴衣まで着物は帯に幅広く描かれています。

 

http://kimono-pro.com/tomesode/list/1604.html

http://kimono-pro.com/tomesode/list/1606.html

http://kimono-pro.com/tomesode/list/24-442.html

http://kimono-pro.com/tomesode/list/t-462.html

波といえば北斎の波の図が世界的にも有名ですね、

サーフィンで大きな波の中に飲み込まれる動画を

見ているような気持ちになります!

着物でいろいろな波の風景が楽しめますね。

黒留袖 T-26-620 の帯あわせ

お客様レビュー  黒留袖

関連記事

  1. きものの文様(もんよう)の話 「扇」の柄

    2017.11.11
  2. きものの文様(もんよう)の話 「松竹梅」の柄

    2017.11.20
  3. きものの文様(もんよう)の話 「水」の柄

    2017.11.04
  4. きものの文様(もんよう)の話 「宝相華文」

    2017.10.15
  5. きものの文様(もんよう)の話 霞文

    2017.10.23
  6. きものの文様(もんよう)の話 「唐草」の柄

    2017.11.05
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。