Loading

BLOG

帯 柄付けによる違い

帯  柄付けによる違い

全通【ぜんつう】

端から端まで表面全体を通して柄のある帯

 

六通【ろくつう】

六尺通して模様を付けた帯。六尺通しの略である。

また、帯の長さの六割に模様を付けたものという説もあります。

 

お太鼓柄【たいこがら】

背のお太鼓の部分と、前の胴の部分にだけ柄を付けた帯

 

柄の配置で種類があることがわかりました。

自分の帯はどれに当たるかわかりますか?

お太鼓柄では、体型に合わせて柄合わせの調整がいりますね。

 

 

 

販売用の草履バッグ

お客様レビュー 黒留袖

関連記事

  1. 和装の着付けに必要なもの

    2017.11.12
  2. 着物の紋の数話

    2017.10.12
  3. 着物の寸法について

    2017.11.03
  4. きもののサイズを選ぶ

    2017.11.10
  5. きもののたたみ方

    2017.10.16
  6. 着物の各部分の呼び方

    2017.10.14
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。