Loading

BLOG

きものの文様(もんよう)の話 松の柄

きものの文様(もんよう)の話

松の柄

松文【まつもん】

松は常緑樹で色が変わらないことや、千年の樹齢を保つことなどから

長寿の象徴として吉祥文様とされています。

また、めでたい木として、正月の門松にも使われており、

平安時代より様々に意匠化されて格調の高い文様です。

http://kimono-pro.com/tomesode/list/25-613.html

http://kimono-pro.com/tomesode/list/24-442.html

http://kimono-pro.com/tomesode/list/habahiro_size_614.html

 

若松文【わかまつもん】

芽生えて間もない若い松を表現したもので新鮮で若々しい感じがします。

新春や祝い事にふさわしい柄です。

http://kimono-pro.com/tomesode/list/1510.html

http://kimono-pro.com/tomesode/list/24-432.html

 

老松文【おいまつもん】

年月を経て風格の増した松を文様化したもので、

能舞台に見られる雄大な枝ぶりが特徴的です。

http://kimono-pro.com/tomesode/images/2011/1605.jpg

 

笠松文【かさまつもん】

松葉を笠のように図案化し枝をひものように組み合わせた文様で

2つ3つと重ねて松の枝ぶりを表現しています。

http://kimono-pro.com/tomesode/list/t-27-629.html

http://kimono-pro.com/tomesode/list/t-111.html

http://kimono-pro.com/tomesode/list/1604.html

http://kimono-pro.com/tomesode/list/t-454.html

http://kimono-pro.com/tomesode/list/t-452.html

 

松葉文【まつばもん】

独特の針状の葉を二本の直線が一点で結びあう形で表現している。

松葉ちらしや松葉丸文など多彩に表現されている。

http://kimono-pro.com/tomesode/list/1602.html

http://kimono-pro.com/tomesode/list/t-475.html

 

枝松文【えだまつもん】

力強い松の枝を象徴的にえがいた文様

http://kimono-pro.com/tomesode/list/1710.html

 

大王松【だいおうまつ】

長い葉が特徴的な大王松を図案化したもの

http://kimono-pro.com/tomesode/list/24-437.html

 

「松」はおめでたい柄そのものです、

能舞台や、松の廊下を思い出しますね、

着物の柄としても豪華で、勢いがあり、美しさのポイントになっているように思います。

それにしても種類が多いですね、いろいろな松のデザインを探してお楽しみください。

お客様レビュー お二人 留袖

お客様レビュー 色留袖

関連記事

  1. きものの文様(もんよう)の話 「唐草」の柄

    2017.11.05
  2. きものの文様(もんよう)の話 「茶屋辻」の柄

    2017.11.13
  3. きものの文様(もんよう)の話 「鶴」の柄について

    2017.10.02
  4. きものの文様(もんよう)の話 「波」の柄

    2017.11.09
  5. きものの文様(もんよう)の話 「熨斗」の柄について

    2017.10.05
  6. きものの文様(もんよう)の話 「七宝」の柄について

    2017.10.19
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。