Loading

BLOG

きものの文様(もんよう)の話 「御所車」

きものの文様(もんよう)の話 「御所車」の柄について

御所車【ごしょぐるま】

平安時代に貴族の用いた牛車を文様化したもので、

建物や風景を添えて描いたり、

ほかの文様と組み合わせて用います。

古典的で典雅な文様として振袖や留袖、帯などで使われます。

 

http://kimono-pro.com/furisode/f-102.html

 

平安時代の貴族の生活で移動手段として使う御所車。

そのものが美しい文様になることで、

いかに豪華絢爛で優雅なものだったかと想像させられます。

古典の美しさを味わいましょう。

お客様レビュー 色留袖

お客様レビュー 黒留袖

関連記事

  1. きものの文様(もんよう)の話 「宝相華文」

    2017.10.15
  2. きものの文様(もんよう)の話 「鶴」の柄について

    2017.10.02
  3. きものの文様(もんよう)の話 「雪輪」の柄について

    2017.10.08
  4. きものの文様(もんよう)の話 「熨斗」の柄について

    2017.10.05
  5. きものの文様(もんよう)の話 「貝桶」の柄について

    2017.10.06
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。