Loading

BLOG

きものの文様(もんよう)の話 「雪輪」の柄について

きものの文様(もんよう)の話

「雪輪」の柄について

 

雪輪文 【ゆきわもん】
雪輪とは雪の結晶を図案化したもので、
6つのくぼみがある円形の線文様です。
雪輪の中に植物や縁起のよいほかの文様を描いた華やかなものも多くあります。

http://kimono-pro.com/tomesode/list/t-330.html
http://kimono-pro.com/tomesode/list/t-23-315.html

雪の結晶はとても綺麗ですが、とても小さいものです。
繊細な感性で綺麗なものに目をとめ、文様として取り入れる
それを大胆に着物に表現するという発想が素晴らしいですね!

お客様レビュー 訪問着

お客様レビュー  単衣黒留袖

関連記事

  1. きものの文様(もんよう)の話 「貝桶」の柄について

    2017.10.06
  2. きものの文様(もんよう)の話 「熨斗」の柄について

    2017.10.05
  3. きものの文様(もんよう)の話 「鶴」の柄について

    2017.10.02
  4. きものの文様(もんよう)の話 「松竹梅」の柄

    2017.11.20
  5. きものの文様(もんよう)の話 「菱」の柄

    2017.12.03
  6. きものの文様(もんよう)の話 霞文

    2017.10.23
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。