Loading

BLOG

きものの文様(もんよう)の話 「貝桶」の柄について

きものの文様(もんよう)の話

「貝桶」の柄について

 

貝桶 【かいおけ】

貝桶というのは貝合わせの貝を入れておく入れ物です。

その昔はお嫁入り道具の一つだったそうで、

六角形のものが多く華麗な蒔絵を施したりしてあったそうです。

現在ではお雛様のお道具として見受けることもあります。

その貝桶をひもや花で飾って文様化したものです。

礼装用のきものや帯に用いられております。

http://kimono-pro.com/tomesode/images/27/i-619.jpg

http://kimono-pro.com/tomesode/list/24-444.html

http://kimono-pro.com/tomesode/list/habahiro_size_614.html

その昔、公家のお姫様たちが貝合わせで遊ぶ典雅な姿が思い浮かびますね!

着物の柄から優雅な世界へ思いをはせてみてはいかがでしょう~

お客様レビュー  黒留袖

お客様レビュー 桂由美ブランド黒留袖

関連記事

  1. きものの文様(もんよう)の話 「波」の柄

    2017.11.09
  2. きものの文様(もんよう)の話 「雪輪」の柄について

    2017.10.08
  3. きものの文様(もんよう)の話 「茶屋辻」の柄

    2017.11.13
  4. きものの文様(もんよう)の話 「水」の柄

    2017.11.04
  5. きものの文様(もんよう)の話 「宝相華文」

    2017.10.15
  6. きものの文様(もんよう)の話 「菊」の柄

    2017.10.26
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。