Loading

BLOG

きものの文様(もんよう)の話 「菱」の柄

きものの文様(もんよう)の話

「菱」の柄

ひし形は直線が交差する単純な図形です。

ヒシの実またはヒシの葉を図案化したものともいわれています。

古くは土器などにもみられる文様で、

平安時代には公家の装束に有職文様として多く用いられて

幾何学模様の代表的なものとなりました。

また、単純な形をバリエーション豊富に意匠が展開されており、

その種類も実に豊富です。

 

菱文【ひしもん】

元になる菱形をたくさん連ねて連続模様として

たくさんの変形文様があります、

小さな菱を連ねて小紋など染めの着物に使われたり、

菱の中に華や鶴を格調高く配して

留袖や礼装用の帯などにも使われています。

 

 

 

 

 

 

 

http://kimono-pro.com/tomesode/list/1711.html

2011年京友禅競技大会 受賞柄黒留袖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kimono-pro.com/tomesode/list/1805.html

京友禅競技大会 受賞柄黒留袖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://kimono-pro.com/tomesode/list/1806.html

厳選高級袋帯

 

 

 

 

 

 

 

http://kimono-pro.com/obi/list/obi23-42.html

武田菱【たけだびし】

甲斐の武田氏の家紋。

四つの菱形が集まってひとつの菱文になっており

四つ割り菱、割り菱などとも呼びます。

三重襷【みえだすき】

平行な三本の斜線を交差させ、斜め格子の中に

四菱(よつびし)を配置した文様

 

花菱【はなびし】

菱形の中に4枚の花びらを配した優しい菱形の文様

形が美しいので、白生地や帯の地紋にも使われます。

4つの花菱でひとつの菱形にしたものを四花菱といいます。

 

幸菱【さいわいびし】

4花弁の菱形を上下左右に4つ集めて菱形にしたものを基本に

花菱を集めて菱形を作った文様の総称。

 

松皮菱【まつかわびし】

菱形の上下にさらに小さな菱形をつけた子持ち菱の形の名前です。

松の皮をはがした形に似ているのでこの名が付きました。

中に草花の文様を入れて着物や帯に使用されます。

 

菱形というとひな祭りの菱餅を思い出しますね

菱餅のいわれを調べて見ると

ひし形は心臓を表していて、厄除けの意味を込めて、

子どもの健康を願う親心が示されているとされていました。

また、戦国武将の武田信玄の家紋はひし形が使われおり、

そのひし形は、田んぼを示していると言います。

昔、米はお金と同じで、田んぼは命と同じくらい大切でした。

ひし形は日本人にとって、特別な形なのですね。

 

留め袖に使われている菱文は幾何学模様がシャープな印象でもありますが、

豪華に菊や鶴等があしらわれると重厚な格調の高さが現れています。

髪飾り

お客様レビュー 黒留袖 色留袖

関連記事

  1. きものの文様(もんよう)の話 「菊」の柄

    2017.10.26
  2. きものの文様(もんよう)の話 「宝相華文」

    2017.10.15
  3. きものの文様(もんよう)の話 「七宝」の柄について

    2017.10.19
  4. きものの文様(もんよう)の話 「宝尽くし」の柄について

    2017.10.29
  5. きものの文様(もんよう)の話 「竹」の柄

    2017.11.02
  6. きものの文様(もんよう)の話 「雪輪」の柄について

    2017.10.08
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。